横浜だからできること。
音楽だからできること。

私たちNPO法人アークシップは、横浜の有する財産をピックアップし、市内で活動するミュージシャンと協働で新しい“横浜の歌”を創りたいと考えました。
横浜らしく歌というカタチで表現することで、テキストや画像では伝えきれないロマンチックなコミニュケーションを可能にします。そして未来に伝える横浜の魅力を歌に託して発信したいと考えます。

横浜にとって、歌は無形の財産。

横浜はたくさんの名曲が生まれた街です。
童謡「赤い靴」、あのブルーライトヨコハマ、そして平成5年には小田和正が根岸線を歌い、さらに平成16年ゆずが桜木町を歌ったのです。それら名曲の数々は横浜の大切な財産と考えます。
横浜は歴史、文化、産業、自然景観と立地、そして情緒と人々の気質など歌の題材となる資源を有しています。また同時にそれらを歌う才能あふれるアーティストを育て醸成するポテンシャルをも持ち合わせていることも、名曲が生まれる大きな要因です。
私たちは本プロジェクトを通して、才能あるミュージシャンの力を借りて横浜の魅力を歌で発信したいと考えます。

最新ニュース <BLOGの各カテゴリーへGo!>
[最新トピックス]
2009.5.28
オフィシャルサイトオープン!
2009.5.31
歌の種ワークショップ第1弾:横浜はちみつ を開催しました。
2009.6.6
歌の種ワークショップ第2弾:ハマウイング を開催しました。
2009.6.14
歌の種ワークショップ第3弾:横浜スカーフ を開催しました。
2009.7.4
歌の種ワークショップ第4弾:はまぽーく を開催しました。
2009.9.1
このプロジェクトからうまれた”横浜の新しい歌”を発表する「メイドイン横浜コンサート」告知ページをアップしました。
2009.9.5-6
「メイドイン横浜コンサート」vol.1/2を開催しました。
2009.9.13
「メイドイン横浜コンサート」vol.3を開催しました。当日の模様をブログにて紹介しています。
LINK

ヒルサイドにておこなった「メイドイン横浜コンサート」(全3回)へは多くの方にご来場いただきありがとうございました。
このプロジェクトからうまれた新しい「横浜の歌」はいかがでしたか?
横浜から発信されたこれらの歌がこれからどんなところで聞くことができるのか楽しみです。

プロジェクトから生まれた「横浜の歌」まだ聞いていない方は、こちらのブログ でコンサートの模様を見ることができます。

特定非営利活動法人 ARCSHIP(アークシップ)団体概要
■2002年12月16日設立登記
■代表者:長谷川 篤司
■設立目的:創造活動に専心するアーティストの活動を支援するとともに、多くの市民が多様なアートに親しむ環境作りを推進し、心豊かで潤いのある街づくりと地域の芸術文化の振興に寄与することを目的とする。
■団体スローガン:『音楽で、この街とあの人をもっとハッピーにしたい』
■詳しくはウェブで:www.arcship.jp

Copyright (C) 2007 - 2009 yokohamasongs.net All rights reserved.